忍者ブログ

演劇ユニット 昼ノ月

3人でお芝居します。
2018
09,21

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009
11,03


押谷です。
演劇ユニット梶川と押谷公演「と、聞こえて」は無事に終了いたしました。
ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。
また、お手伝いくださいました皆様にも感謝です。
鳥取から、福井から、大阪から、京都のあちこちから、私たちの姿を見ようと集まってくださいました。
本当に、ありがとうございました。

寝ても覚めても公演について、芝居について考えていた日々。
そんな時間があったのかと思うほど穏やかな、しかし何か物足りないような今日が、やはり確かにそんな時間があったのだと思わせてくれるのです。
ええ、ええ、燃え尽きました。
そして押谷は、灰になりました。
燃えたあとに残ったもの、それがまさしく押谷なのです。
私の右足にはやはり、擦り傷と打ち身が残りました。
傷が治るには、まだもう少しかかりそうです。
痛みとともに思い出す時間は、私のひそかな楽しみであり、日常に戻るためのリハビリのようでもあるのです。

見に来てくださいました皆様、お手伝いくださいました皆様、本当にありがとうございました。

押谷

PR
2009
11,03
京都の片隅で演劇を観ました。

演劇ユニット梶川と押谷

「と、聞こえて」

作と演出 押谷裕子
役者 梶川貴弘と押谷裕子
舞台美術と音響プラン 押谷裕子
宣伝美術と照明プラン 梶川貴弘
制作 梶川と押谷

梶川と押谷が満載です。
梶川と押谷のオンパレード
梶川と押谷だらけ。
梶川押谷梶川押谷

の二日間でした。

芝居はとても誠実に熱く出来上がってました。

芝居は本当に作るのが大変で。
本番を観たってその大変さはわからなくて。
役者やる人は舞台美術を作らないという劇団もあります。
その方が多いのかな。わかりませんが。
考え方は色々、ほんと色々。

二人はほんと二人でやりました。

すごい。
その根性、努力にも感服です。

梶川と押谷

そんな顔ひとつ見せない。

ねー
2009
10,29

«無題»

広島はさわやか

女優・押谷裕子は走っている。
今週末、10月31日と11月1日、この土日、
彼女の作・演出、そして出演までするお芝居が京都で上演される!
ふたり芝居だ。

ファイト満々の彼女の書いた作品は、京都でしか見れない。
世界が固唾をのんで待っている、その作品。
ここで見れるのは彼女の捨て身の演技だけじゃない。
捨て身の脚本、捨て身の演出のはずだ。そうだ。
世界が固唾をのんで待っている。

先日、鈴江は広島に出かけた。
広島の街の緑も固唾をのんで待っていた。
そういうふうに見えた。ほら。

……
演劇ユニット梶川と押谷
「と、聞こえて」
作・演出 押谷裕子
出演   梶川貴弘 押谷裕子
日時 2009年10月31日(土)15:00/19:00
      11月1日(日)15:00
場所 人間座スタジオ(京都)
料金 前売り・当日とも 1,300円

http://kajioshi.blog.shinobi.jp/
チケット予約、お問い合わせは上記ブログをご覧ください。
2009
09,14

«なぞ»

なもしらぬ

山奥の登山道の脇に、名前も知らない花が強烈に輝いてさいていた。
くらい斜面の奥を背景に。
2009
08,17
暑いです!わきのです。

北海道公演終了いたしました。
劇団演研の皆様、劇団北芸の皆様、劇団動物園の皆様、
本当にありがとうございました。
皆様のおかげで北海道公演を行うことができました。
ありがとうございます。

そして見にきてくださった皆様、
ありがとうございました。
公演終了後の分厚い拍手が私たちの励みでした。
ありがとうございます。

舞鶴からフェリーに乗り込んだときは
どんな長い旅になるのだろうと思っていたのに!
始まればあっという間。
終われば寂しい気持ちでいっぱい。
でも充実感もいっぱい。

なんだかとりとめのない文章で申し訳ないです。
でもそれほど未だ興奮しているのです。



写真は北見公演後のワークショップの様子。
毎公演後、たくさんの方が参加してくださいました。



帯広の演研・茶館工房、音響席から客席を覗いた様子。
ここから北海道公演がスタートしたのです。
終わったときの拍手にほっとして嬉しくて小躍りしました。



釧路の海。
愛すべき昼ノ月のメンバーの後姿です。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]


« 前のページ:: 次のページ »
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]