忍者ブログ

演劇ユニット 昼ノ月

3人でお芝居します。
2017
08,19

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008
05,31
二口です

ついに来週が本番になりました。
稽古も終盤です。
でも何が終盤なのかな。
ふと思います。
この公演は京都だけではありません。
鳥取、倉敷、東京、それからまだまだ秘密にしていますがやる予定です。
そうです。
実はまだまだ序盤なのでした。
おっとっと。

稽古をすると身体のどこかしらが変化します。
変化はその日の遅くには消えてしまいます。
見えなくなります。
でも無くなったわけではありません。
しずかに体のどこかの場所にたまっているのです。
きっとそんな場所があるのです。
どこかに。
身体の。

稽古の言葉はその場所に。
しずかに積み重なり。
いつしか塊となって。
湧き出て。
自身の身を助けます。
きっと。
 
時間はいつしかどうしようもなく。
はじまりがあって、おわりがあるのですが。
いままだはじまったばかりです。
稽古の言葉はまだまだきっと。
場所が変わればきっとまた。
新しく生まれてくるでしょう。
ずきずきと。
そして身体のどこかにたまります。
しずかに重なるように。

身体のどこかにたまっている変化。
いつしか立ちのぼる変化が楽しみです。

いつまでも変化し続けることを変化を抱えもつことを「ドラマ」と呼ぼう。
そんな決意があります。

劇場でお会いしましょう。

ではまたそのときに。

PR
trackback
この記事のトラックバックURL:

[86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76]


« 厳しい稽古: HOME : 床と仲よし »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]